ありがとう

みなさんこんにちは

 

ワールドカップの熱気冷めやらぬ今日この頃。一部では史上最高のワールドカップともいわれている今大会。優勝はフランスでした。多くの方々にとっては予想外の結果だったのではないでしょうか(特に決勝のフランスvsクロアチアというカード)。ただ、会田コーチは見事フランスの優勝という予想をただ一人的中。ひそかに喜んでおります。。。

 

フランスの優勝と同じように、サプライズだったのは我らが日本代表の躍進だったのではないでしょうか。

 

自分自身、今回で6回目のワールドカップ観戦でしたが、こんなにも戦前の盛り上がりに欠けた大会は初めてでした。勝っても負けても今の日本代表には期待できないから興味わかないなーと思っていた自分は反省したいと思います。ここまで代表選で熱くなったのはいつ以来だったでしょうか。深夜3時という時間を忘れさせてくれる素晴らしい戦いを日本代表は見せてくれたと思います。ワールドカップ前、キャプテン長谷部はサプライズを起こしたいといった話をしていました。その言葉通りのプレー、結果だったと思います。

また、ピッチ外で話題になったのがベルギー戦後のロッカールームではないでしょうか。あのような劇的な負け方をした後、ロッカールームをきれいにし、スパシーバ(日本語でありがとうの意)というメッセージを置いて去っていった日本代表。

負けたとしても、ありがとうと言える。いつでも周りの人たちに感謝ができる。本当に誇らしく、これぞ我らが日本代表だと感動しました。

 

話は変わりますが、先日、89会場の1年生のトレーニングを行いました。いつも通り、掛二小でのトレーニングを終えると、一人の子が、「コーチいつもありがとう」と言ってきました。

特に何をしたという記憶もなかったので「どうしたの?」と聞いてみると、「いつもありがとうと思ったから言っただけだよ」と言われました。自分の心がじんわりと温まるのを感じるほどうれしかったです。

 

日本代表のように、特別な時のありがとうも大事ですが、普段のありがとうも大事なんだなと子供に気づかされました。

「ありがとう」

大事にしたいですね。

 

 

 

伊藤和広

PAGE TOP