U15リーグ最終節 vs浜松FC

10月5日(土)

掛川JFC 1 - 2 浜松FC

涙がでるほど悔しかった!!!

 

 

 

 

浜松FCとのゲームでは前回同様、激しいぶつかり合いの連続!ボールへの執念がお互いに伝わるゲーム。戦術とか形とかではなく、お互いの意地と意地のぶつかりあい!!!両チームの後輩たちが応援に入り、大きな声、相手チームの太鼓の音、保護者の声援がピッチにあふれていた。その為、選手同士の声、ベンチからのコーチングが通らない。大声を張り上げ、叫んでコーチングしなければ仲間に伝わらない。選手たちは初めての経験だったかもしれない。高いレベルで大歓声が入った試合は選手同士の声がうまく聞こえない。だから・・・練習から大きな声をだしてプレーしよう!!!と伝えてきたんだよ~

 

 

 

 

この試合を終えて、また次に試合があれば・・・3年生はもっともっと成長してくれると思います。この3年生は負けから学び、自分たちで行動を変化させ、いろんなことに取り組んできた選手たち・・自主性がすごくある学年だった。スギノマシンで練習を終えて集団でどこかにいく・・・たまたま通りがかったエコパの広場でみんなで練習していた!!これは1回や2回ではない。  ある選手は朝早く走っていたのをよく見かけた。

知らないふりをして通り過ぎた僕は・・この学年は絶対に強くなる!!と感じていたことを思い出します。

そんな彼らだからこそ団結力があり、前向きなチームが作れたと思います。

最後のリーグ戦の前に全員のノートに書いてあったのが、浜松FC戦が掛川JFCとしての最後の公式戦なんだ・・・長い子で約10年掛川JFCでプレーしてきたし、低学年からほとんどの子がJFCでサッカーをしてきた。だからこそ生まれる特別な想いがあるし、みんなが終わった後に流していた涙の理由が勝ったとか負けたとかではない、特別な感情があったと思う。こんな最高な3年生に出会わせてくれた保護者の皆様に本当に感謝いたします。

彼らの人生はまだまだこれから・・新たなページを刻んだことで、また立ち上がる力をつけていると思います。中学年代のいろいろな経験は様々な自分を発見するための時間。失敗して・・・ちょっとうまくいっての連続。

みんながんばろう!!! みんなありがと!!!  保護者の皆様ありがとうございます!!

1,2年生応援ありがと!! 会場にかけつけてくれたジュニアの選手たちありがと!!

これでリーグ戦の全日程が終了し、3位という結果になり、東海リーグ参入戦の結果次第で1部リーグへ昇格という可能性を残して終了となりました。これはみんながなんとか昇格させようと粘ったからの可能性。

卒業までにまだまだ成長させるぞ!

 

 

 

 

 

 

 

きしゃ

PAGE TOP