OB情報!! 森下龍矢J1サガン鳥栖に内定!!!

以前からその活躍ぶりをお伝えしていた掛川JFC OB 森下龍矢(リョウヤ)選手が、いよいよJ1サガン鳥栖への2020シーズン新加入内定を果たしました!!!

体協の『元気はつらつ通信』でも大きく取り上げられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在進行中の2019関東大学サッカーリーグ戦1部でも、所属する明治大学はダントツ1位で優勝は確実、森下龍矢選手の活躍は大きいでしょう。

ジュビロ磐田U-18時代には「豊富な運動量を武器に闘志あふれるプレースタイルが特徴。サイドからの突破を得意としているプレイヤー」と紹介されています。

そんな森下龍矢選手の小中高時代を知りたく、先日メールインタビューをさせていただきました!

 

ー サッカーを始めたのは何歳ですか?

森下:幼稚園年少の5歳でサッカーに出会い、小学1年の7歳で習い事として本格的に(掛Jで)プレーし始めました。

 

ー サッカーを好きになったきっかけは?

森下:みんなでワイワイすることがどんどん楽しくなったからです!

 

ー 小学校の頃の目標は?

森下:ワールドカップで優勝することです!!

 

ー 掛川JFCでの1番の思い出は?

森下:初めて県大会(NTTカップ)に出たことです。今まで体感したことのない世界にみんなで飛び込む楽しさを感じたからです。

 

ー 親のサポートで一番感謝していることは?

森下:練習に行く前におにぎりを作ってくれたこと(^^) 美味しかったです!

 

ー これまで出会った人の中で、大きな影響を受けた人がいたら教えて下さい。

森下:ジュビロ磐田ユースの時に出会った、大木武監督です。

ー どんな影響ですか?

森下:24時間365日サッカーを追求している姿に心打たれました。

 

ー サッカーを続けることで、自分の中で”育ったなぁ〜”と思うところは?

森下:思いやりの心。サッカーは一人では出来ないからこそ、周りに気を配り、気を遣い、時には犠牲になることが大切。サッカーで他人を思いやる心を得ました!

 

ー 最後に、掛Jの選手達に何かアドバイスをお願いします!

森下:夢は大きければ大きい程よい! みんなも夢に向かって頑張って下さい!!

ー 森下選手、ありがとうございました♡

 

 

森下選手はお忙しい中にもかかわらず、掛Jのかわいい後輩達のために、とても丁寧にインタビューに応じてくれました。インタビューの中で大きな影響を受けたとあった大木武監督は、実はかつて『掛川JFC10周年記念パーティー』にもご出席下さっており、掛Jともご縁のあるお方なんです!

(前から2列目 右から3人目が大木監督。ちなみに伊藤代表は最前列右端。不鮮明ですがお若い!)

 

森下選手をずっと見守ってきた伊藤薫代表は、「小学1年の時から、バネがあると感じていた。持って生まれたセンスがあり、ボールリフティングではタッチがやわらかく、脚がカーテンのようだった。」と森下選手を評しています。

また、「小さい頃から負けず嫌いで闘争心があった。誰よりも早く練習に来てボールを蹴っていたのを覚えている。これからリョウヤがどうやって花を咲かせていくのか、楽しみにしている。」と話していました。

 

森下龍矢選手の今後の活躍を期待しています!!

これからも皆で森下龍矢選手を応援していきましょう!!!

 

 

by コッシ〜

 

 

  1. 掛川JFC_ゴール
  2. 掛川JFC_ゴール
PAGE TOP