U15報告会、、、U14愛知・岐阜合宿

12月22日(日)U15昇格報告会が行われました。

 

 

 

 

 

今年の3年生は何がよかったのか・・・それはやはり一人ひとりの取り組む意識、人間力!!!!これがこの学年が一緒に積み重ねることができたものだったと感じています。サッカー選手である前に、模範となる中学生になってほしい。掛川JFCの最上級生としてみんなの手本になる選手になってほしい。いろんな想いで関わらせてもらっていました。

U13の時に基準を伝え、大切なことは何かを伝え、一緒に考え・・・

U14で実践していく・・・みんなの方向性がブレたら修正する・・・

そしてU15で自発的に行動し、自ら今なにが必要?どんな行動が?どんな振る舞いが?

武道の世界でいうと守破離のように・・・

そんな選手だったから成し遂げられたものがあると思っています。

3年生の全員のノートに書いてあったことがあります。それは公式戦が残り少なくなってくると・・掛川JFCでの最後の公式戦。最後の公式戦を全員で戦うんだ!!掛川JFCの選手として試合ができる最後の公式戦!!この仲間と戦える残りのリーグ戦!!!今までJFCでサッカーをさせてもらえた親に感謝!!!掛川JFCへの想い、親の方への想いがたくさん詰まっていました。

試合にでているからすごい!とか、えらい!とかではない。常に全力で、真剣にプレーする選手がいい選手なんだ。その考えが浸透していたからこそ、3年生はお互いを尊重しあい、応援しあうことができていた。そう思います。出場機会が少なかった選手もみんなで戦うことが大切だと、誰とも相談していないけど、チームが一つになれたことでもあると思います。

長い選手は掛川JFCで保育園、幼稚園から、様々な想いで最後の公式戦を終えたことでしょう!!!

それは保護者の皆様も同じ気持ちだったのではないでしょうか。本当にありがとうございます。

さぁ、、、3年生はもうすぐ入試!!!サッカーとは違う個人競技です!!!一人ひとりが悔いのないように頑張ってほしいと思います。取り組む意識、人間力を存分に発揮し、良い準備をして頑張ってほしいです!!

こんな思いを感じながら、年があけました!!!

 

 

 

 

 

U14合宿(愛知、岐阜)で多くの試合を経験してきました。京都ヴェルベント、FCv可児、長野CEDAC、FCホッツ(愛知)、瀬戸FC、東海FC、2日間でたくさんの試合を行い選手は疲労感たっぷりの表情。今回の合宿では公式戦に向けての基準作り、チームみんなで話し合い、少しずつみんなで作っていく。みんなの考えを合わせて、積み重ねる。この作業が時間はかかるかもしれないが、必ず選手の力になる。僕たちコーチから、あーしろ、こーしろ、言われてやれるのは本当の力じゃない!!!時間がかかるけど、自分たちで気が付いて、できるようになっていく本当の気づきが選手を芯から成長させられると考えています。だから、早く教えてよ~って思う選手もいると思いますが、考えて、悩んで、グラウンドで表現して、見つけていくことが大切。それが本当の力!!

U14の選手はいろいろな心配をしている選手がいると思います。昨年の3年生が昇格させたのに、自分たちが守れるか心配・・・自分たちは戦っていけるのか・・・

大丈夫!!!みんなで上を目指そうぜ!!!

U14の選手が今、先輩たちの想いを感じて頑張っているのが必ず伝わってる。適当に取り組んでいたら、怒る先輩はいるかもしれない!!!でもみんなは違う!!!先輩の想いを感じてグラウンドで高めている。それがプレーにでてきている。それを続けるんだ!!!本気でやっても勝てるかわからないのが勝負!!それは先輩たちもわかっている。だからこそ大事なのは本気で準備したのか、本気でやっているのか!!!勝つとか負けるとかではなく全力で取り組んでいれば、必ず先輩たちは認めてくれる。だから・・・一緒に頑張ろうぜ~

俺はみんなならできる。。そう思っている。

 

 

 

 

 

諦める理由ならいくつもあるけど、

諦めたくない気持ちは一つでいいだろ!!

 

 

きしゃ

  1. トップチーム5年
PAGE TOP