OB情報

先週の土曜日、第99回全国高校サッカー選手権大会・静岡県大会の決勝が行われました。

結果は皆さんご存知の通り、藤枝明誠高校が3-0で東海大翔洋高校を破り4年ぶり3度目の優勝を果たしました。

掛川JFC OB、中山碧(2014年度 掛川JFC89卒)もキャプテンとしてチームを牽引し、2点目を挙げる活躍。

12月より行われる全国高校サッカー選手権大会に掛川JFC出身選手として初めてそのステージに進むこととなりました。

皆さん、引き続き応援をよろしくお願いします。

頑張れ!アオ!

 

また、中山碧以外の掛川JFC OBでも、決勝トーナメントに進出した袋井高校のセンターバック、瀬川幹太(2014年度 掛川JFC06卒→2017年度 掛川JFCジュニアユース卒)、県大会ベスト8に進出した磐田東高校の左サイドバック、萩田陸斗(2014年度 掛川JFC01卒→2017年度 掛川JFCジュニアユース卒)をはじめ多くの選手たちが今大会を戦いました。

今年は、コロナウィルスにより今まで誰も経験したことのない異常事態での1年となり、選手権までやり切った選手もいれば、途中で諦めざるを得なかった選手様々だったと思います。

例年ですと、多くのサッカー少年たちがこの1年、この大会を区切りとし、競技者としてのサッカー人生を終えていきます。

そんな大事な1年がコロナによって大幅に変えられてしまった彼らのやるせない気持ちは計り知れません。

 

ただ・・・

みんな大変な1年だったけどよく頑張ったぞ!!!

本当にお疲れ様!!!

そして、また、遊びに来いよ!!!

  1. 掛川JFC_ゴール
PAGE TOP