鬼ごっこをやる理由~その3

前回の続きです。

運動神経=運動経験値だから「何を、どれくらい、どのようにやるか」によって変わる。

「じゃあ、小さいころから毎日サッカーをやれば、テクニックを磨けば、ものすごくうまくなるんじゃないか!」と考えてしまうのですが・・・そこに落とし穴が!

というところでした。

理由は三つあります。

①ひとつめは、

サッカーで技術はめちゃくちゃ大事ですが、

サッカーに大事な要素はそれだけじゃない

ということです。

②ふたつめは、体とその機能についてです。

体の部分は使いすぎると⇒ケガの原因

体の機能は使わなさすぎると⇒退化する

ということです。

部分の使いすぎによるケガというのは小学校4年生くらいから高校生の時期に多く出ます。例えば足首の捻挫癖、オスグッド、疲労骨折、分離症、ヘルニア等々です。

使わなさすぎる機能の退化というのは、特にジュニア年代のサッカーにおいて使わなくても何とかなってしまう体の機能です。姿勢維持機能、目の能力、下半身のパワー、上半身の筋力等々、後に大事になる体の機能の退化です。

③みっつめは、テクニック=脚の器用さの前に身に付けておくべき能力があるからです。

そしてその能力を身に付けておくと、テクニックも身に付きやすくなります!

その能力とは・・

・姿勢と重心のコントロール

・五感 特に見る力

 

詳しい話は、また次回に

 

PAGE TOP